2008年02月23日

『初めての沖縄』

2008,2,4~7okinawa 012.jpg2008,2,4~7okinawa 011.jpg2008,2,4~7okinawa 009.jpg2008,2,4~7okinawa 007.jpg2008,2,4~7okinawa 004.jpg2008,2,4~7okinawa 002.jpg2月4日(月)朝8時40分羽田発。
 前日3日の大雪ながら無事出発。
 レンタカーにて世界遺産めぐり。

1、玉陵(タマウドゥン)→歴代国王の墓
 洗骨なる古い儀式あり。
 死後3ヶ月野天に放置す。
 骸骨状態になったら洗って棺に納める。
 なぜ玉陵をタマウドゥンと読むか次の首里城で判明。

2、首里城(シュリグスク)→歴代国王の居城
 民族衣装に包まれた女性3人赤足袋を履いて三線(サンシン)
 の音色に合わせて踊る。
 何故、赤足袋を履くか聞きますと、これはそもそも男子元服の 儀式です。と。 礼服の場合は赤足袋ということです。
 先ほどのタマウドゥンの謎もその昔は御殿の事をウドゥン。
 江戸時代までは玉陵ではなく、玉御殿でしたのことです。

posted by コージ at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コージNews
この記事へのコメント
沖縄、私も大好きです。
まだ3回しか行った事がありませんけど、
写真を見ていたら、また行きたくなってきました。
Posted by michiko at 2008年03月20日 11:47
写真は、首里ですね。
私も3年前に行きました。沖縄のルーツを感じる場所ですね。
沖縄というと青い海と空のようにも思いますが、
こういう歴史遺産の場所も、見所抱負ですよね。
Posted by 道子 at 2008年03月20日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11326609

この記事へのトラックバック