2007年11月07日

反哺(はんぽ)とは。

反哺(はんぽ)とは。
この言葉を今まで知りませんでした。
  ”反哺(はんぽ)”

日本では嫌われているカラスも、実はとっても親孝行の鳥です。

中国では三本足のカラスが太陽に住んでいる(ヤタガラス)と言われてました。

この反哺の意味は保育(昔は哺育と書いた)の反対の意。

カラスは生後60日、母親が口移しで子供に食べ物を与えます。
しかし、母親もいずれ年老いて自分で食べ物を食べられなくなってきます。

その時になると子供が母親に食べ物を口移しにあげるそうです。

なんと親孝行でしょうか。
これが、反哺です。

そこで、
   『烏、反哺の孝あり』と言うそうです。


私たちも見習いたいものです。


posted by コージ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6573941

この記事へのトラックバック