2020年04月03日

★★コロナウイルスには絶対に負けない★★


●いつも楽しいことをイメージして、ねた探し●

先日★
鮨屋さんでゲット
数の隠語・符牒(関東編)
1→ぴん
2→りゃん
3→げた(鼻緒の穴3個から)
4→がり
5→目の字(5画だから)
6→ろん字
7→西南(せいなん)短針の逆方向
8→ばんど(鉢巻きからきた)
9→きわ
10→ぴんころ
11→朝(ぴんぴん、から)
12→ちょんぶり 13→そっきり
14→そくがり
15→あの
16→そくろん
17→そくせい
18→そくばん
19→そくきわ
20→のころ
21→のぴん
22→のなら
23→のげた
24→のたり
25→おつも
26→のろん
27→のせい
28→のばん
29→のぎわ
30→げたころ
31→げたぴん
32→げたりゃん
33→げたげた
このあとは、
同じ要領でいいです。

使い方としては、仲間内で、
「あの子げたころぐらいかね?
いや、のろんぐらいじゃない。」

30才、26才
とか。

わりい、マグロろんじにぎっといてとか。

会計に、
「大きいおつも足しといて。」
これは2500円プラス。
したがって、
小さいおつもは、250円です。

 以前行った高級鮨屋さんで、
  お酒1合を1本注文したときに、
仲居さんが「ごしゅぴんいっちょう、お願いします」と、伝達。

 の言葉の意味がわかりました
  そうです。
  1合のお酒をひとつ。
  です。
  
◎コロナに負けず
 今日も楽しい一日を♪♪
posted by コージ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月21日

★★高麗神社と聖天院と巾着田★★

10月18日(火)晴れ

日高市高麗神社を尋ねる。
716年に朝鮮から渡来。
1699人。
この話は最近知ったことで渡来朝鮮人は秀吉の頃の石垣造りの名人、穴太衆だと、私は思っていました。

朝廷の配慮でそのころ武蔵の国と言われたこの地貰い、開墾。
高麗神社の神官は現在61代目。

市ヶ尾6時57分。
横浜線、長津田から八王子。
八高線、八王子から高麗川。8時30分着。

高麗川駅とフクロウトイレ。駅で地図案内をもらう。駅員に聞かないともらえない。
駅から徒歩45分で高麗神社です。

002.JPG

001.JPG

天下大将軍と地下女将軍、古代朝鮮の守り神です。

003.JPG

高麗川。

006.JPG

高麗神社前、1300年大祭の準備中。

009.JPG

014.JPG

016.JPG

020.JPG

021.JPG

高麗住宅。

024.JPG

聖天院。
奈良時代に高句麗より渡来(新羅と唐の連合軍に敗れ日本に逃げのびた)
高麗王若光の菩提寺として、侍念僧勝楽上人により、751年に創建。若光の守護仏聖天尊を本尊とした。

026.JPG

032.JPG

巾着田。高麗川が巾着のように蛇行している。彼岸花が日本一美しい場所です。
今はコスモス。春は桜も見事だそうです。カワセミも川にいます。

040.JPG

041.JPG






















posted by コージ at 15:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月09日

● ●●小江戸 川越 春祭り

●●小江戸 川越 春祭り晴れ
5月3日(火)川越へ行く。初めてるんるん
今では渋谷の地下5階から副都心線で川越まで一直線です。
たまプラーザから1時間20分で行けます。

ただ祭日ですごい人混み。
うなぎの有名店4,5軒はすべて2時間以上待ち。

まずは中院。平安時代に創建、狭山茶がここから始まった。

001.JPG


010.JPG


014.JPG



喜多院です。ここも慈覚大師円仁により創建。
1638、川越大火により山門を除きすべて焼失。

将軍家光により江戸城紅葉山の別殿を移築して客殿書院などにあてた。家光誕生間、春日局間があります。
残念ながら撮影は禁止。

023.JPG

御庭は撮影はOK。

025.JPG

026.JPG030.JPG

040.JPG

035.JPG



044.JPG

048.JPG

残念。時の鐘は耐震工事中。

041.JPG









































posted by コージ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月07日

★★強羅・宮城野の桜★★

4月6日 箱根へドライブ車(セダン)強羅・宮城野・早川沿いの桜。
天気は晴れ

初めての早川沿いのソメイヨシノ。ここも50年から70年ちかいそうだ。
とても綺麗。天気も良く最高るんるん

003.JPG

001.JPG

004.JPG

005.JPG


”飛行機雲とサクラ”
002.JPG


”芦ノ湖へ”
006.JPG

008.JPG

”富士山と芦ノ湖”
017.JPG


















posted by コージ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月01日

★カタクリの里★★

3月29日(火)横浜線 橋本よりバスで20分(30分に1本臨時バスが出る)で
城山カタクリの里へるんるん
入場料¥500。カタクリの花は満開。4月半ばまで見ごろです。珍しい白いカタクリの花を見られました。
黄色のカタクリの花は4月に入ってから”ほうき桃”もまだでした。
皆様もぜひ今が見ごろです。どうぞいらしてください晴れ

002.JPG

009.JPG

003.JPG

珍しい ”白いカタクリの花”
014.JPG

”しょうじょうばかま”
028.JPG

045.JPG

050.JPG


”やしおつつじ”
012.JPG


”雪割草”
026.JPG



















posted by コージ at 10:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月23日

●高座渋谷の常泉寺の三椏●

3月22日(火)晴れ

高座渋谷の常泉寺へ行く。
中央林間で小田急線江の島方面、五つ目の高座渋谷の常泉寺へ行きました。
晴れで雲一つない上天気。16℃。
西口降りて7分ほどで”花のお寺”でも有名な曹洞宗、常泉寺。入場料¥300。
三椏(ミツマタ)立金花、カタクリの花、雪柳、馬酔木、たくさんのお花でいっぱい(笑)
皆様もぜひお出で下さい。

003.JPG004.JPG007.JPG012.JPG016.JPG022.JPG024.JPG




















posted by コージ at 10:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月12日

★★皇居の紅葉★

12月9日(水)晴れ
皇居一般公開の紅葉を見に行きました。
最終日なので混んでいると思いましたが。意外とスムーズに(笑)
東京駅に12時過ぎに着き、坂下門まで多少待ちました。IMG_0002.JPGIMG_0009.JPGIMG_0013.JPG


見事なトウカエデです。
黄色からオレンジそして赤と。

IMG_0030.JPGIMG_0016.JPGIMG_0052.JPGIMG_0052.JPG


石垣に印がついています。
これは言うなれば署名です。
お取り潰しの城の石垣を持ってきたようです。

IMG_0037.JPG

















posted by コージ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月11日

●●とんぼの朝礼●●

011.JPG006.JPG004.JPG

10月のある晴れた朝、荏田南、鴨池公園のトンボたちの朝礼。




posted by コージ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月29日

★★足利フラワーパークの藤★★

4月28日(火)足利フラワーパークへ藤を見に行きました。今、最高の見頃ということで、初めて行きました。『世界が息を呑んだ美しさ』ということで。
気温28℃晴れ。とても暑かった。

藤やはりすごかった。感動のひとこと。香りも藤棚の下を行くとかなりあり。
入場料も最高の¥1700でしたがかなり価値があります。このシーズンは50万人の人出で冬はライトアップで40万人、1年で100万人の人が訪れるそうです。
東武足利市駅からシャトルバスで20分ぐらいです。片道¥400。

樹齢150年大藤棚。

023.JPG

051.JPG

052.JPG

043.JPG

050.JPG

052.JPG

044.JPG

005.JPG
















posted by コージ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

★★足利フラワーパークの藤★★

4月28日(火)足利フラワーパークへ藤を見に行きました。今、最高の見頃ということで、初めて行きました。『世界が息を呑んだ美しさ』ということで。
やはりすごかった。感動のひとこと。入場料も最高の¥1700でした。
東武足利市駅からシャトルバスで20分ぐらいです。片道¥400。
樹齢150年大藤棚の続きは全長80Mの白藤のトンネル。残念ながらまだ少し早かったです。5月の連休頃がよいのでは?黄色藤もまだでした。

007.JPG

008.JPG

009.JPG

011.JPG

001.JPG

002.JPG

017.JPG


















posted by コージ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月03日

★★城山カタクリの里U★★

城山カタクリの里は小林家の所有の山で村の人総出で盛り上げています。
入場料¥500はとても安いです。
手入れがかなりされています。
ボケやミツマタやモクレン、ハクモクレンやキブシ・・・・・
4月10日頃まで見ごろです。

052.JPG

006.JPG

007.JPG

014.JPG

012.JPG
酔白花です。

009.JPG
菊咲イチゲ。

005.JPG
雪割草。













posted by コージ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月02日

★★城山カタクリの里を行く★★

3月31日(火)橋本より臨時バスに乗り20分、城山カタクリの里へ。入場料¥500.
このバスはシーズン中30分に1本出ています。
天気晴れ、最高(笑)
気温23℃。
山を歩くと暑いので、七分袖。
橋本近辺は風なし。

002.JPG

001.JPG

025.JPG
花びらが8枚あるとても珍しい。普通は6枚。

070.JPG

066.JPG
白花カタクリ。

022.JPG

019.JPG















posted by コージ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月10日

『奥志賀高原の旅』

8月5日〜7日 奥志賀高原へ行きました。
晴れ続き(笑)
日頃の行いが良いのかここの所ずーっと天候に恵まれる。


今年は一番暑いころに涼しい高原に居られ、幸せです。

標高が100m増すごとに0.6℃下がるそうです。
したがって1600mの高原ホテルでは平地より約10℃下がります。
36℃が26℃ということになります。

田の原湿原です。

田ノ原湿原.JPG


木戸池。

木戸池.JPG


珍しい象の鼻と呼ばれる木です。

象の鼻.JPG


弟切草。これにはとてもこわい話があるそうです。
大事な薬効を他の人にもらした弟を殺したそうな。

オトギリソウ.JPG


石の湯近くの硯川に生息する源氏ホタル。
この硯川に温泉がなだれ込みいつも暖かくてホタルのエサのカワニナの成育がトテモよく、そのおかげで源氏ホタルも他より大きく寿命も長いそうです。
明かりの点滅も普通2秒ぐらいが4秒と長いそうです。

メスも光りますが、葉の裏で動かずオスを待ちます。
夜の温度が17℃以上で湿度が高いとたくさん乱舞します。
私が行った時最高でした。

地図ホタル.JPG





posted by コージ at 11:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月15日

●●熱海梅林●●

2013、2月12日(火)熱海時々はれ。

久しぶりの熱海梅林。
今年は寒いせいか梅の開花が遅いでした。

去年から入場料¥300。

入口です。

008.JPG

八重寒紅

010.JPG

熱海梅林の父 大塚 実 氏

011.JPG

015.JPG

016.JPG

017.JPG

019.JPG

025.JPG

026.JPG

青軸小梅

028.JPG

今年は寒いのでまだまだ梅の見ごろです。
皆様も いかがですか?
posted by コージ at 11:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月24日

●●広島原爆ドーム●●

広島原爆ドームへ行く。
わたくしは今回はじめて原爆ドームへ行くました。
今まで行けなかったのは戦争の悲惨なのをみるのがつらくて・・・・・

でもしっかり真実を見つめようと思い行きました。
やはり行って良かったです。

佐々木貞子さん。貴女は2才で原爆にあい、12才で発病しましたね。

学校では徒競走が得意でいつも一番でしたね。偉かったね。
でも発病してしまったのですね。

良く頑張って千羽鶴を折りましたね。
お母さんに千羽折れたら病気も治りますよ、と言われ。、必死に折りましたね。

千羽に近づくのを知って、貴女のお母さんがわからないように、そっと減らしていたのを、知っていましたか?  あなたが折ったのがとうに1000羽を過ぎ1700羽近くもおりましたね。

ソレなのに、 貴女の病気は治らなくてどんなに悲しかったでしょう。


でも貴女の亡くなったあとその話を聞いた人たちが、今も、
千羽鶴を折って原爆で亡くなった人たちを慰めていますよ。

これからの人は原爆を絶対に使わない世の中にしますから、
貴女も天国で見守ってくださいね。

142.JPG

144.JPG

148.JPG

149.JPG

146.JPG

147.JPG

153.JPG
posted by コージ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月21日

秋芳洞・青海島・萩・津和野の旅

●●秋芳洞・青海島・萩・津和野の旅●●

V秋芳洞
秋吉台

060.JPG

秋芳洞(あきよしどう)昔はしゅうほうどうと言ってたようですが、あきよしどうに統一。
地名は、しゅうほう町。

マリア像

062.JPG

黄金柱

063.JPG

百枚皿

067.JPG


W青海島(おおみしま)

日本海で萩の西に浮かぶ不思議な無人島。
そこへ行くクジラの形をした遊覧船。

074.JPG

ここにもマリアではないが観音様に似た岩がありました。
一番左の岩です。

075.JPG

洞窟多数あり。イタリアの青の洞窟のように満潮時舟で入ることが可能。但し海が荒れているときはダメ。

076.JPG

077.JPG

078.JPG

081.JPG

083.JPG

084.JPG

素晴らしい日本海の夕日。

091.JPG

098.JPG

クジラ遊覧船の塩吹き。

099.JPG


X萩

木戸孝允(桂小五郎)生誕地。

109.JPG

鶴瓶の家族に乾杯で鶴瓶が番組中入ったトイレ。


111.JPG

松陰神社

119.JPG

吉田松陰の親にあてた最後の手紙。親孝行であったことが非常にわかる有名な手紙。
訪れを音づれと書いているのがちょっとした発見だ。

122.JPG

123.JPG

松陰神社、本殿

127.JPG


Y津和野(名前の由来は昔、ツワブキの野であったことから。
  萩はその昔、椿がたくさん咲いていた所で、ツが抜け、バの濁点がキに移ってハギとなった。

131.JPG

鯉は堀で飼っていた。戦争になったときの食糧とするために。ただそののち戦争がなくてどんどん太り(観光客が鯉のエサをやり過ぎた為)一番のは70年生きているメタボの鯉がいる。

130.JPG

134.JPG


Z日本海ローカル線の旅(三保から浜田まで)

変わった網棚ならぬ板棚(笑)

141.JPG


















posted by コージ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月18日

1、宮島、錦帯橋

T、宮島

1、 福山城
新幹線で新横浜より”のぞみ”で福山に降りる。
なぜ福山にのぞみが停まるか疑問でありましたが、
やはり時の総理、宮沢喜一の住所地であったからでした。

001.JPG

2、尾道
 大林監督の「時をかける少女」「転校生」で有名
の坂の多い町。ロープウエイで千光寺へ登る。

016.JPG

3、宮島
 ここが世界遺産の厳島神社

019.JPG

022.JPG

4、偶然遭遇した結婚式の新郎新婦。

031.JPG

5、回廊

032.JPG

033.JPG

034.JPG

035.JPG

6、大杓子
 私の知るところでは、室町時代初期の女官たちの隠語を女房言葉と言いました。

髪のことを「かもじ」湯巻のことを「ゆもじ」杓子のことを「しゃもじ」ねぎのことを「ひともじ」

いまでも九州、鹿児島、熊本、長崎ではわけぎをかるく湯がいて折り紙のように折って最後にリボン結びし
酢味噌でアエタものを「ひともじくるくる」と言うようです。

038.JPG

039.JPG

7、おもてなし娘

041.JPG

U錦帯橋

レンコンが有名

042.JPG

043.JPG

044.JPG

045.JPG


posted by コージ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月02日

●●奥入瀬・十和田湖●●

●●奥入瀬・十和田湖●●

●●奥入瀬●●

奥入瀬は十和田湖の湧水が流れてくるので、プランクトンが少ないので水がとてもきれいわーい(嬉しい顔)

今回は天気が良かったので渓流を歩くことが出来感動しました。
昼間なのに「ヤマネ」を顔を出し愛嬌を振りまいていました(笑)

ヤマネはかわいいが良く考えると山のネズミなのですね!

IMG_0172.JPG

IMG_0174.JPG

IMG_0175.JPG

IMG_0167.JPG

IMG_0142.JPG

IMG_0144.JPG

IMG_0163.JPG

IMG_0165.JPG

●●十和田湖●●
観光船からの画像。
出航前に「みそタンポ」を食す。

この「タンポ」の由来は私の知っているところでは槍のサックに似ているから。
そのサックを「タンポ」そした切ったものを「キリタンポ」

ところがバスガイドの方の話では練習用の槍、これをタンポ槍といいますが、それに似ているからですと。

さあみなさんはどちらが正しいとお思いですか?

自宅で調べますと、何と両方正しいそうな(笑)


IMG_0187.JPG

高村光太郎の「乙女の像」

とても乙女には見えません。中年のおばさんのようです(笑)
昔の乙女はこのようだったのでしょうか。
一緒のツアー仲間の女性になんか(体型)似てますね。に対して、
私は乙女じゃないは、孫もいるから・・・だと(笑)

IMG_0203.JPG
posted by コージ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月31日

●●平泉・八幡平●●

●●平泉●●

毛越寺モウツウジ
越を何故ツウと読むのか。初めはオツと読んでいました。
もうおつじ→もうおつじ→もうおつじ→もうつうじ→毛越寺となったそうです。

IMG_0071.JPG

IMG_0070.JPG

IMG_0069.JPG

IMG_0091.JPG

069.JPG

IMG_0092.JPG

IMG_0084.JPG

IMG_0087.JPG

●●金色堂●●
かなりの混みよう
がく〜(落胆した顔)

IMG_0097.JPG



中はもちろん撮影禁止。ラッシュの中全然まえに進まない。
真ん中に阿弥陀如来。向かって右に観音菩薩左に勢至菩薩。
各々の須弥壇には初代清衡、三代目秀衡四代目泰衡、そして勢至菩薩の須弥壇に二代目基衡。
漆の上に金箔を施してある。とても美しい黒ハート


●●中尊寺●●
IMG_0102.JPG
●●八幡平●●

雨。
早朝。八幡平ロイヤルホテル周辺散歩。アジサイと岩手県県木の赤松と白樺の競演。
088.JPG

大滝  誰もいない  静か わーい(嬉しい顔)

086.JPG
posted by コージ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月25日

●●東北旅行●●

●●東北旅行●●

8月上旬 東北復興応援旅行。

1、松島
 お土産屋さん、1mのところに『赤い線』あり。ここまで津波きました。


IMG_0023.JPG

IMG_0024.JPG

 瑞巌寺



ここの松林も津波の塩害で切り倒される赤いテープの松が30%ぐらいありました。


IMG_0011.JPG

瑞巌寺でお坊さんに話を聞けました。
因みにお土産屋さんの前で観光ガイド案内は20分3人まで¥1,800。ちょっと高い。でお坊さんつかまえて無料でお話し聞きました(笑)
伊達正宗の御位牌の特別展示ありました。
 「瑞巌寺殿前黄門貞山利公大居士神儀」 このように16文字で長い戒名は他にないそうです。
瑞巌寺を寄進した偉い(黄門)御山の大将(貞山)最後の神儀は大名にしか使えません。



2、岩手三陸海岸を東北自動車道より見る。いたるところで塩害により田圃が枯れ果てている。

 浜の松林も歯抜け状態で点在しています。

IMG_0043.JPG

IMG_0041.JPG

3、山寺(立石寺)
前回1055段の頂上へ登れず(下るとき初めて膝が笑うのを体験)今回は制覇(笑)
IMG_0047.JPG

IMG_0051.JPG

松尾芭蕉の像
IMG_0048.JPG

IMG_0060.JPG

次は平泉と八幡平です。
posted by コージ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記