2008年09月20日

『仙石原のホテルから見た朝霧』

IMG_0024.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0027.jpg

IMG_0023.jpg

●雲と霧の違い●

霧の水粒は雨粒に比べて非常に小さいが、
通常、根本的な霧の発生の原因は大気中の水分が飽和状態に達したものなので雲と同じであるらしい。

雲と霧の一番大きな違いは水滴の大きさなどではなく、
大気中に浮かんでいて、地面に接していないものを雲と定義し、
それが地面に接しているものを霧と定義するそうだ。

例えば、山に雲がかかっているとき、地上にいる人からはそれは雲だが、実際雲がかかっている部分にいる人からは霧なのである。なお、山の地面に接する霧または雲のことをガスと呼ぶことがある。

したがって、この写真すべて霧なのか雲なのか?
いや、待てよ。

下の方にもあるのは霧だから、やはり雲が正解か。
(このホテルは山の上にある)

霧を外側から見ると、層雲であることが多い。
標高の低い地域では層雲の霧しかないが、
山や高地では層積雲、乱層雲、高層雲などの霧が見られることもあるらしい。

●霧と靄(もや)の違い●
霧が発生した状態では水滴が光を散乱するため、
視程(見通すことのできる水平距離)が小さくなる。

気象観測においては視程が1 km未満のものを霧といい、
1km以上10km未満のものは靄(もや)と呼んで区別するそうだ。
一般的に単位体積当たりの水分量が多いほど視程は小さくなるが、同じ水分量でも小さい水粒が多く存在する時の方が視程が小さい。

9月17日(水)朝5時15分撮影。 仙石原のホテルにて。



posted by コージ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月12日

●中秋の名月と五行理論の健康について●

P.jpg

『中秋の名月と五行理論の健康学』について

9月は長月、菊の別名”長草”に由来するそうです。

灼熱の夏が去り、涼風に人心地をつく頃となりました。

秋は日照が短く空気が冷えて対流が起こりにくいので、大気中の塵芥はすぐに落ちて空は澄んで清涼となります。

中秋の名月、この夜は農耕儀礼の遺風として穂芒を挿し、新芋、栗、団子など、その年の初物を供えて月を祭る。

今年は9月14日が中秋の名月。

天文、気候学の世界では、月と地球、太陽の位置関係の変化により、宇宙の重力の大きさや方向が変わり、地球上の生物にも
大きな影響を与えていることが報告されている。

例えば、満月の夜は放火、盗難、無謀運転、殺人が集中してる。

満月の時人間の脳の電位差を測定すると最大を示し、
手術時の血も最大だそうだ。

結核患者の死亡は満月の10日前がもっとも多い。

”月の周期”と人間の出産時間は密接い関係していることなどは専門家からも言われています。

秋の五行理論によると「五色は白」白秋と言われるように、
秋晴れの青い空に白い雲、白く輝く月光のもと「五志は憂」憂愁と言う文字があるように、秋の夜長は秋気をうけて
身もひきしまります。

天気はすでに朝晩涼しく万物は色を変える。

早寝早起きし肺を清浄に保持することにより、やがて訪れる冬の食物消化を予防したいものです。

又、頭も冴えて物思いに耽りたくなり読書もすすむ。
この読書がすすむ科学的理由をアメリカの大脳生理学者クレイトン博士がこう説明しました。

「大脳の下部にある間脳が皮膚からの冷刺激や筋肉の緊張に
 よって興奮させられ、
 意識の働きが活発になるため、読書思考が最適になる。」

又、「天高く馬肥ゆる秋」→これは中国北方の匈奴が実りの秋になると略奪に南下するので警戒せよの句です。

私たちも食物のエネルギー源を取り入れたらそれに見合う発散により新陳代謝を促しメタボには警戒したいものです。
posted by コージ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月09日

「出羽三山を旅する」

山形、出羽三山(湯殿山、月山、羽黒山)の旅

過去(月山)現在(羽黒山)未来(湯殿山)を尋ね身を清める。

1、湯殿山:未来
IMG_0032.JPG

IMG_0026.JPG


ツアーのため未来の湯殿山を初めに尋ねる。山に入ると鳥居がありそこから専用バスで5分。
湯殿山神社に着くとはだしになり、御祓いを受け、人型の紙を戴き
体の穢れを移し池に置く。

御神体の大きな岩を登っていく。上より温泉が岩を濡らし、はだしなので、とても熱い。
登った先に谷を見下ろせる所でお祈りをするそうだ。
またもとの所へ戻り足湯をする。ここは御神湯(ごしんゆ)といい、神様の湯が岩の上から流れ込む。
あ〜だから、湯殿山なのだ!

この湯殿山には即身仏がたくさんおられるそうな。この世の平和と幸福を願い、五穀を絶ち生きながらミイラとなる。
エジプトやその外のミイラとの違いは即身仏には内臓があるということです。

2、月山:過去


くもの山 いくつくずれて つきの山
    松尾芭蕉
先にお釜を訪ねる。
IMG_0035.JPG


4回で1回しか見れないというのに、ラッキーなことに晴れてすっかり見えました。エメラルドグリーン。


IMG_0046.JPG


コマクサ発見!
1センチぐらいの小さい花が馬の頭に似ているからコマクサ(笑)

月山に登る道は車1台通れる幅しかないのでバスは大変。すれ違いができるところまでもどらないといけない。
運良く行きは1時間ほどで頂上へ。

月山神社でお参りして。お花畑を散策。池塘がいたるところにあり。


高山植物が群生。
IMG_0048.JPG

IMG_0054.JPG


IMG_0050.JPG

IMG_0056.JPG

IMG_0059.JPG

IMG_0060.JPGIMG_0063.JPG>

IMG_0064.JPG




3、羽黒山:現在を尋ねる
松尾芭蕉の銅像あり。

IMG_0069.JPG

三社を代表するだけあって、とても立派な神社です。

IMG_0071.JPG

IMG_0077.JPG



五重塔を見る。

IMG_0090.JPG


平将門が建立したとされる。樹齢1000年を越す爺杉がそばにでんとしていた。


IMG_0101.JPG


[最後に修験道について]

修験道は一宗一派に片寄らず、行動し体験する中で以心伝心のうちに本来の悟りを開く道で、山岳信仰(密教、儒教、道教)である。
開祖は役行者(エンノギョウジャ)本名は役小角(エンノオツヌ)
平安末期に確立。

IMG_0092.JPG


とても天気に恵まれ良かったです。
ツアーメンバーはやはり年配の方が多かったが一人参加9人のうち若い女の子が一人いました。

出羽三山めぐりをして、何か心が晴れやかになった気分でした。



posted by コージ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月20日

『南大沢の長池公園の散策』

6月17日(火)

天気上々の中、長津田より横浜線に乗り20分、橋本着。
橋本駅より京王線に乗り換え各駅で7分、京王堀之内へ。

ここより5分ほど歩くとせせらぎ緑道があります。
住宅の皆さん協力のもと、とても綺麗そして、落ち葉も落ちてません。 そう、腐葉土の囲いも作ってありました。

なぜ、この場所を知っているかと申しますと、このあたりからもお客様がいらしております。



IMG_0065.jpg


IMG_0064.jpg




IMG_0063.jpg


IMG_0062.jpg



せせらぎ緑道から長池公園までの地図です。


IMG_0066.jpg



IMG_0068.jpg



IMG_0070.jpg



IMG_0081.jpg



IMG_0070.jpg


長池見附橋です。
この橋は四谷見附に架かっていた橋を移築したもので、
大変に貴重な設計だそうです。


IMG_0080.jpg



IMG_0075.jpg



IMG_0078.jpg



IMG_0079.jpg



IMG_0082.jpg



IMG_0084.jpg


長池です。
名前のとうり長い池です。


IMG_0086.jpg



IMG_0089.jpg



IMG_0091.jpg



池の端に田んぼがありました。
長池保存クラブの方々が田植えをしているのです。


IMG_0092.jpg


山のあちこちでウグイス(立夏をすぎたら老鶯でした)が鳴き
騒いでいました。

信州まで行かずともここらで十分ですね!!




最後に地図と駐車場(無料)案内です。


IMG_0097.jpg


IMG_0098.jpg

posted by コージ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月29日

「大雄山と湿生花園」

5月27日(火)晴れ晴れ

初めて大雄山へ行く!!
お客様のKさんの紹介です。

とても緑がきれいよ。
いろいろな色が混ざってね!

というわけで、
朝、早起きして、大井松田へ車でGO車(セダン)



大井松田で降り、20分で着きました。

IMG_0020.jpg

階段、350段を登っていくと奥の院です。

曹洞宗、最乗寺です。

下は27度ととても暑かったのに、
ここへ来たら、長袖がないと寒いくらいでした。

そうだ、こんどは夏に来よう!!

 IMG_0007.jpg


食事の後、車に乗り、
御殿場で降りて仙石原です。

IMG_0060.jpg

ウグイスがにぎやかに鳴いています。

私は知らなかったのですが、今鳴くウグイスは老鶯とか、
夏ウグイスとかいうそうですね。

湿生花園の中も、
ニッコウキスゲ、などいろいろ咲いています。

IMG_0045.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_0050.jpg

IMG_0026.jpg

”一人しずか”です。


IMG_0031.jpg





posted by コージ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月30日

茅ヶ崎公園、自然生態園

29日(火)祝日、晴れ

初めての自然生態園手(チョキ)
茅ヶ崎公園内「自然生態園」は土日祝日しか開園しません。

里山を守るためです。
ボランティアも活躍しています。

茅ヶ崎といっても平塚の隣ではありません。
横浜市営地下鉄、仲町台の駅から徒歩15分ぐらいのところに
あります。

仲町台の駅のすぐ裏にはせせらぎ公園がありますので、緑道伝いでも緑が楽しめます。

今回、初めて祝日と火曜が重なったのでラッキーでした。

横浜で信州へ行った気分ですわーい(嬉しい顔)

IMG_0004.jpg



IMG_0013.jpg


IMG_0028.jpg

IMG_0036.jpgIMG_0032.jpg

IMG_0012.jpg

IMG_0010.jpg

IMG_0008.jpg



IMG_0039.jpg

よくせせらぎで見る茶色のもやもやは有害ではないそうです。
これは水中の鉄分が空気中の酸素と結合して、水酸化鉄になり、そこに鉄バクテリアが付いたものです。
安全無害です。


これは”関東マムシ草”

IMG_0025.jpg


池に蛇(青大将)もいました。自然観測員の人がゴム長をはいて素手で掴んで道にあげ見せてくれました。害のあるものを食べてくれる池の守り神。

IMG_0015.jpg



posted by コージ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月10日

「稲村ガ崎の会席料理"つきやま”

IMG_0080.JPGお客様の紹介の会席料理”つきやま”
稲村ガ崎駅より電車沿いを極楽寺に向け5分。

マスターの高橋さん、板前の小鳥居さん、従兄弟同士でやっていらしゃる。

とてもおいしくリーズナブル!!

¥1、890のさしみ天ぷら御前は昼も夜も同じである。

お酒も焼酎もGOOD!

会話が楽しくて食事がどんどんすすむ。わーい(嬉しい顔)
posted by コージ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月09日

[ 「満開の海棠を見に鎌倉へ!」

IMG_0042.JPGIMG_0037.JPGIMG_0038.JPGIMG_0031.JPGIMG_0031.JPGIMG_0040.JPGIMG_0024.JPGIMG_0023.JPGIMG_0015.JPGIMG_0008.JPGIMG_0002.JPGIMG_0001.JPG4月9日(水)晴れ

昨日と打って変わって晴れ(笑)
連休なのでとてもラッキー!

早速下調べした鎌倉の海棠を。

少し遅い出発。

何故かというと、お客様紹介の会席料理を食べる予定でした。

そこは稲村ガ崎にあり、お昼は混み合っているので、夜の部。

PM5:00からに間に合うようにと、出発を遅らせた。



☆鎌倉12:30到着。

さあ、海棠オンパレード

1、妙本寺
2、鶴岡八幡宮
3、浄光明寺
4、海蔵寺
5、鎌倉大仏
6、光則寺
7、長谷寺

1、妙本寺

2、鶴岡八幡宮

 結婚式に遭遇!

3、浄光明寺
 コケがきれい!

4、海蔵寺

5、光則寺

 





posted by コージ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月03日

「ドライマウスについて」

口の乾燥にご用心!

ドライマウスが増えている。

ドライマウスとは→唾液の分泌が低下して口が渇いた状態を言う

(原因)
1、加齢
2、薬の副作用
3、全身性疾患などによるもの
  *ストレス、不規則な食生活が上記を加速させる。

(結果)
1、虫歯、歯周病
2、口内炎、口臭
3、舌の乾燥、ひび割れ、味覚障害
4、不眠など

■ドライマウスチェック■
・口の中が乾く、ネバネバする・・・・・・・□
・口臭がある・・・・・・・・・・・・・・・□
・気がつくと口で呼吸している・・・・・・・□
・食べ物が飲み込みにくい・・・・・・・・・□
・歯磨きをしていても虫歯になりやすい・・・□
・味覚が変わった気がする・・・・・・・・・□
・舌がからまって話しにくいことがある・・・□
・耳の下が痛み、腫れることがある・・・・・□
・舌がひび割れる。口の中が痛む・・・・・・□
・夜、喉が渇いて目が覚めることがある・・・□
・目や鼻など口以外の粘膜も乾いている・・・□

☆1つでも該当するとドライマウス
☆3つ以上の場合は病院に相談を

(対策)
1、しっかり噛んで唾液腺を刺激すること
2、ストレスを解消すると→唾液の分泌がよくなる
3、担当医に相談して、なるたけ薬をへらす
4、ガムを噛むと唾液の分泌量が増える
5、ポリグリセリルメタクリレートやヒアルロン酸配合の
 保湿潤滑液や洗口剤を使用する
6、耳の前から頬にかけて、また耳の下から顎にかけて
 マッサージする

●なお、ドライマウスと言う症状には
 糖尿病、尿崩症、シェーグレン症候群などの全身病が
 潜んでいる場合があるので、
 あまりひどい場合は医師の診断に委ねたほうが良いでしょう。
posted by コージ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コージNews

2008年03月20日

「ミツマタ満開の常泉寺を訪ねて」

●18日(火)小田急、高座渋谷・常泉寺へ行きました。

このお寺は曹洞宗でお花の寺としても有名です。
今の時期は三椏(ミツマタ)が最高です。

ほのかに薄い沈丁花に似た香り!!

カタクリの花や菊咲一輪草もかわいい。

300円の浄財を払いいざ常泉寺へ。

駅より歩いて10分弱です。
皆さん歩いていますのですぐわかります。晴れ




IMG_0029.jpgIMG_0006.jpgIMG_0011.jpgIMG_0009.jpgIMG_0033.jpgIMG_0003.jpgIMG_0014.jpgIMG_0001.jpg
posted by コージ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記